1. Top
  2. » 株式投資
  3. » 株式投資は「ETF」を利用したインデックス投資


株式投資は「ETF」を利用したインデックス投資

投資のプロである証券会社などのファンドマネージャーなどは、あらゆる分析などから銘柄を決定していますが、中長期的に市場平均のリターンを上回る成績を残せるプロのファンドマネージャーほとんどいないといわれています。
これは、プロのファンドマネージャーの実力が無いというこではなく、マーケットの中でプロ中のプロ同士が壮絶な競争をしているからこそなのです。
プロ同士の競争の結果が市場平均になるわけですから。
そんなマーケットの中で、株式投資の初心者が割安と思われる銘柄を見つけ出して買っても、そうそう利益は見込めないでしょう。
たまたま運よく短期的に株価が上昇しても中長期的には難しいと思われます。

そうであるならば、いっそのこと個別の株式銘柄を選んで買うのはやめて、プロ同士の競争の結果である株式市場の平均を買ってしまえばよいのでは という考え方がインデックス投資です。
株式市場平均をまるごと買ってしまえば、市場平均(インデックス)のリターンを享受でき、中長期的に、多くのプロのファンドマネージャーの成績を上回れるということです。

これは、日本の株式投資だけではなく、米国株式投資などの外国株式投資でも同じです。
また、中国株式やその他のエマージングマーケットの株式投資にもあてはまります。


ファンドを利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・商品(原油や金属や農産物)など成長(値上がり)や配当、分配金など、お金を生み出す資産に分散投資することが少額からも可能です。
コストや統計学的に効率よく運用するには、「ETF(上場投資信託)」や「インデックスファンド」を利用するのが良いと思います。

「ETF(上場投資信託)」や「インデックスファンド」は、何かしらのインデックスの値動きに連動するように設計されているファンドです。

インデックス投資とは簡単に言うと市場平均に投資するということです。
市場平均というのは、日本の株式であれば日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのことを指します。
米国株式であればS&P500インデックス という指数があります。
米国株で日本で最も有名な株価指数は「ニューヨークダウ」というのがありますが、ニューヨークダウは米国企業の大型株30社銘柄のみですが、一種の市場平均です。
そして世界の株式市場全体の株式指数では、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス という株式指数もあり、これは世界の株式市場の平均です。
インデックス株式投資とは、こういった市場平均の株価の値動きに連動するように設計されているインデックスファンドに投資する株式投資の手法です。








資産を築く配当成長株
スポンサードリンク
メニュー
金融グローバル化で資金が国境を越えて動く
資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)
失敗しない資産運用と資産運用の失敗パターン
カテゴリ
スポンサー
資産運用