1. Top
  2. » 資産配分
  3. » アセット・アロケーション(資産配分)の重要性

アセット・アロケーション(資産配分)の重要性

資産運用の基本は、アセットアロケーションだといわれています。
アセットアロケーションとは「資産配分」のことを意味します。
資産運用をする際の金融商品の組み合わせのことをポートフォリオといいますが、アセットアロケーションとはポートフォリオのような金融商品の組み合わせではなく、もっと大きな資産クラス(アセットクラス)での配分を指します。

資産クラス(アセットクラス)は「株式」「債券」「不動産」「コモデティ」「現金」などに分けられます。
これらの資産クラスに資産をどのように配分するかにより投資成果の約9割は決まってくると言われるほど重要です。


アセットアロケーションは分散投資の効果をもち、これは資産運用の上で非常に重要です。
特定のアセットクラスに資産を集中した場合、リスクは高まっていきます。
例えば、株式に資産を集中させた場合、例え全世界の銘柄に分散投資していたとしても、全く異なるアセットクラスに分散させた場合に比べて、関連性の高い動きをしてしまう可能性があります。
この関連性を「相関係数」というもので表しますが、相関係数がプラスになる組み合わせ(正の相関関係)は避け、異なる値動きをするマイナスの組み合わせ(負の相関関係)が、お互いのリスクを軽減させる効果があるとされています。

株式投資だけだとリスクが高いので、債券投資も行うなど、株式が上がれば債券は下がり、株式が下がれば債券は上がる、このような逆の動きをすることが負の相関関係となり、リスクコントロールができ、効率的な資産運用が可能となってくるのです。

ただし、アセットアロケーションは画一的なものではく、年齢や資産運用の目的、金額、自身のリスク許容度、ライフプランなどによって決めることです。
自分自身の価値観をはっきりさせておくことや、投資・金融商品の知識が必要不可欠になります。


資産を築く配当成長株
メニュー
カテゴリ
資産運用