1. Top
  2. » 資産運用方法
  3. » 資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)


資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)

長期的な運用においては、短期的な市場の動向により資産構成割合を変更するよりも、基本となる資産構成割合を決めて、これを維持する方が効率的で良い結果をもたらすことが知られています。

私達日本国民の公的年金積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)では、各資産の期待収益率やリスクなどを考慮した慎重な検討を行った上で、基本となる資産構成割合(ポートフォリオ)を定めています。

GPIFポートフォリオ
国内債券 60%
国内株式 12%
外国債券 11%
外国株式 12%
短期資産  5%


年金積立金運用に対しては、法律上、「長期的な観点からの安全かつ効率的な運用」という基本的な考え方が要請されています。

このような年金制度からの要請に応える年金積立金運用のあり方ですが、まず、「長期的な観点からの安全かつ効率的な運用」という基本的な考え方については、安全性と効率性の両面を考慮することが求められます。
仮に、安全性のみを重視し、現金のまま保有するとすれば、名目額で積立額が減る心配はありませんが、長期的には、物価や賃金が上昇する分、実質的な価値が目減りしてしまうことは避けられないので、効率的な運用という要請に応えることにはなりません。

長期的に、実質的な価値を維持し、さらに実質的な価値を増大させていくためには、収益率の変動幅という意味での一定のリスクをとりつつ、リスクに見合った収益率が期待できる資産に投資を行っていくことが求められます。

この場合、「できる限り低いリスクで必要な収益を得る」ための最も基本的な考え方が、
特性の異なる複数の資産に分散して投資を行うという「分散投資」と、
長期的な観点から基本となる資産構成割合を決めて、これを維持していくという「基本ポートフォリオの策定・管理」
という2つです。








資産を築く配当成長株
スポンサードリンク
メニュー
金融グローバル化で資金が国境を越えて動く
資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)
失敗しない資産運用と資産運用の失敗パターン
カテゴリ
スポンサー
資産運用