1. Top
  2. » 金融経済入門
  3. » 機関投資家とは、顧客のお金を投資する会社組織

機関投資家とは、顧客のお金を投資する会社組織

機関投資家は顧客のお金を投資する

機関投資家とは、証券会社や銀行、保険会社、投資ファンド、年金基金、政府系ファンドなど、資金運用や投資を専門的に扱っている企業のことです。
投資家といっても、人ではなく会社組織であり、扱う金額も個人に比べてはるかに巨額になります。

彼ら機関投資家の動向が、世界の株価や為替相場を動かすことも少なくありません。
個人投資家と違い、機関投資家にとって投資は、余裕のある資金の有効活用というよりも本業そのものになります。

例えば保険会社の場合を考えてみると、保険契約者つまり顧客から預かったお金を、債券市場や株式市場などに投資して資金を増やしています。
そうすることで、保険料収入だけでなく、資金運用による収益も得られることになります。

また、ヘッジファンドや一般投資信託などの投資ファンドは、一般の投資家から資金を集めて株式や債券、原油や農産物などの商品などに投資して資金を増やし個人投資家に資金を還元することを目的に運用しています。
投資ファンドは、個人投資家に投資商品を販売することで、個人投資家から売買手数料や運用手数料、成功報酬を得て儲けています。

機関投資家は、高度な投資技術を活用し、またあらゆる経済情報を分析して投資をしています。

機関投資家 運用資産規模 ランキング

資産を築く配当成長株
メニュー
カテゴリ
資産運用