1. Top
  2. » 資産運用方法
  3. » お金を増やす資産運用にはファンドを利用する


お金を増やす資産運用にはファンドを利用する

資産運用といっても、銀行預金からFXや生命保険や海外投資、不動産投資まで、とても幅広いものがあります。

金融の自由化以降、新しい金融商品やサービスが、続々と登場しています。
個人投資家には選択肢が広がる半面、金融商品を細かく吟味するなど、今まで以上の努力が必要になりました。
さまざまな特徴の金融商品があり、リスクの低い商品もあれば高いものもあります。
自分のライフスタイルに合った金融商品を選ぶことは、生活を豊かにする上でも非常に重要になってくるでしょう。


これまで、定期性預貯金は、時間をかけて殖やす目的で利用されてきましたが、現在のような低金利では、お金を増やすための運用とはいいにくくなっています。
資産運用のポイントは、長期的に安定的に資産(お金)を増やしていくことです。
必要なときに必要な金額を引き出せるようにしておくことも大事です。


資産運用に利用する金融資産は株式、債券、不動産(REIT)が良いと思います。
株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられているからです。

資産運用でリスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターン・リスクのブレ)の低減という効果をもたらします。

そこで、世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。
投資信託(ファンド)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。

ファンドを利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・商品(原油や金属や農産物)など成長(値上がり)や配当、分配金など、お金を生み出す資産に分散投資することが少額からも可能です。


コストや統計学的に効率よく運用するには、「ETF(上場投資信託)」や「インデックスファンド」を利用するのが良いと思います。
そして、何かと使い勝手が良い「外貨MMF」「MRF」という投資信託を組み合わせてみるのも良いでしょう。








資産を築く配当成長株
スポンサードリンク
メニュー
金融グローバル化で資金が国境を越えて動く
資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)
失敗しない資産運用と資産運用の失敗パターン
カテゴリ
スポンサー
資産運用