1. Top
  2. » 2037/09

債券投資の魅力【利子収入お金を増やす】

債券投資

債券投資は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる投資商品です。
株式やREITなどの金融資産を保有している場合、運用資金の一定割合を、債券投資に振り向けることで、値動きの異なる資産を保有することになるので価格変動リスクの分散もはかれます。

海外に目を向けると日本より金利の高い国や企業がほとんどです。
外国債券投資することで、外国債券のクーポンは外貨ベースで安定したリターンが見込めます。

債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、債券投資は利息収入(金利)を得られるので、外国債券投資は安定的な資産運用を目指すことができるのではないでしょうか。


債券投資の魅力については、主に以下の3つです。


定期的に利子がもらえる

債券は、満期日まで一定の金利分の利子を支払うことが約束されています。
例えば固定利付債の場合、金利変動に関係なく利子を受け取ることができます。

利子収入のほかに、償還差益や売却益が得られる場合もあります。


満期が決まっている

債券は、満期日までの間に債券の価格が変動しても、満期日を迎えると額面金額が償還されることが約束されています。
ただし、発行者が倒産などで元本の返済及び利払いができなくなる場合もあります。
発行者がきちんと利払いや元本の返済ができるかどうかという信用度を知るには、その債券の格付けが参考になります。
一般に信用度の低いものほど金利は高くなり、信用度が高くなるにつれて、金利は低くなります。


途中でも売却できる

債券は、満期まで待たずに途中で売ることもできるので、急にお金が必要になったときには現金化することも可能です。
ただし、その時の価格は額面通りとは限りません。債券価格が下落していて売却損が出る場合がありますので、あらかじめ注意が必要です。
資産を築く配当成長株
メニュー
カテゴリ
資産運用