1. Top
  2. » 2037/05


債券投資のリスク

債券は、一定の利子収入が得られ、満期日には額面金額が返金されることが約束されている、安全性の高い金融商品です。
リスクについても理解を深めておいたほうがいいでしょう。

債券投資のリスクについては、主に以下の4つです。


信用リスク

発行者が倒産などで元本の返済及び利払いができなくなる。
これが「信用リスク」です。発行者がきちんと利払いや元本の返済ができるかどうかという信用度を知るには、その債券の格付けが参考になります。


価格変動リスク

満期償還まで持たずに途中売却する場合は、市場価格(時価)での売却になります。
途中売却の場合、市場価格が購入価格を下回り、売却損がでる場合もあります。これが「価格変動リスク」です。
特に、満期までの残り期間が長いほど、市場価格の変動幅が大きくなる傾向があるので注意が必要です。
満期まで保有した場合に生じるリスクは「信用リスク」のみですが、途中で売却した場合には、「信用リスク」と「価格変動リスク」の両方が生じます。


為替変動リスク

外貨建て債券を買った場合には、「信用リスク」と「価格変動リスク」に加えて、為替レートの変動によって円に換算した時の受取額が異なる「為替変動リスク」が生じます。
たとえ好利回りな外貨建て債券であっても、満期の時に円高になっていれば投資元本を割り込む可能性があります。
逆に、円安になってより高い利回りとなる場合もあります。


途中償還リスク

債券には満期を待たず、発行者によって償還されてしまう場合があります。
この場合、当初予定していた利回りを上回ったり、下回ったりします。







資産を築く配当成長株
スポンサードリンク
メニュー
金融グローバル化で資金が国境を越えて動く
資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)
失敗しない資産運用と資産運用の失敗パターン
カテゴリ
スポンサー
資産運用