1. Top
  2. » 資産運用方法

資産運用の知恵こそがお金を増やす

資産運用でお金を増やすために大切なことは、
金融商品や経済・金融の仕組みの知識を深めることです。


特に、株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられていいます。

資産運用

難しい理論を勉強する必要はないと思いますが、資産運用及び投資の知恵を学び知識を蓄えることによって、自らの力で投資してお金を増やす能力がつき、それは同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報やいろいろな投資・金融・経済の情報に触れ、できるだけ早く資産運用の知恵を身につけることが大切です。

お金を増やす資産運用にはファンドを利用する

資産運用といっても、銀行預金からFXや生命保険や海外投資、不動産投資まで、とても幅広いものがあります。

金融の自由化以降、新しい金融商品やサービスが、続々と登場しています。
個人投資家には選択肢が広がる半面、金融商品を細かく吟味するなど、今まで以上の努力が必要になりました。
さまざまな特徴の金融商品があり、リスクの低い商品もあれば高いものもあります。
自分のライフスタイルに合った金融商品を選ぶことは、生活を豊かにする上でも非常に重要になってくるでしょう。


これまで、定期性預貯金は、時間をかけて殖やす目的で利用されてきましたが、現在のような低金利では、お金を増やすための運用とはいいにくくなっています。
資産運用のポイントは、長期的に安定的に資産(お金)を増やしていくことです。
必要なときに必要な金額を引き出せるようにしておくことも大事です。


資産運用に利用する金融資産は株式、債券、不動産(REIT)が良いと思います。
株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられているからです。

資産運用でリスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターン・リスクのブレ)の低減という効果をもたらします。

そこで、世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。
投資信託(ファンド)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。

ファンドを利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・商品(原油や金属や農産物)など成長(値上がり)や配当、分配金など、お金を生み出す資産に分散投資することが少額からも可能です。


コストや統計学的に効率よく運用するには、「ETF(上場投資信託)」や「インデックスファンド」を利用するのが良いと思います。
そして、何かと使い勝手が良い「外貨MMF」「MRF」という投資信託を組み合わせてみるのも良いでしょう。


ETFは分散投資に便利でお得な資産運用のツール

分散投資に便利な資産運用ツール「ETF」

世界中の金融資産に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の「株式」「債券」「不動産(REIT)」「コモディティ(原油や金属や農産物)」など成長(値上がり)や配当、分配金がある資産に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも「ETF」という運用ツールがおすすめです。
ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の金融資産に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも日本国内の証券会社でETFを買付できます。


ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、債券指数、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。
また、ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいこともメリットとなります。

ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムで変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。


株式投資、FX投資に限らず、特定の金融商品に投資をするのも一つの投資方法ではありますが、金融市場は常に動いており、特定の商品、資産に集中投資をしているとリスクが分散できず、ときに大きな損失をこうむりかねません。
個人投資家が成熟してくると、いくつかの金融商品に同時に投資する分散投資の形になっていきます。
どこかで負けても他のいくつかで勝ち、トータルでプラスの投資リターンを狙い、そしてリスクを分散することを心がけます。

ETFを使えば、米国株も日本株もBRICs株もアセアン諸国の株式投資も外国債券投資も世界の不動産(REIT)投資にも・・・といった国際分散投資が比較的少額で実現します。
ETF各銘柄は、数千~数万円程度から投資できます。
特にETFの運用コストは通常の投資信託より低めで、売買コストは株式と同等です。


ETFで株式・債券・REITに幅広く分散投資が可能

株式ETF

ニューヨークダウやS&P500、TOPIX、日経平均、ブラジル株式、中国株式など世界中の株式指数に連動したETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。
こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。


債券海外ETF

優良企業の社債に幅広く分散投資することが可能であったり、米国債や公社債、投資適格米国企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどに投資することが可能です。
債券海外ETFは、償還期間が異なる債券を数百銘柄保有しているのでデュレーションリスクも低減できる可能性があります。
また、債券海外ETFの場合、定期的に利子(クーポン)が自分の口座に入金されます。
その利子を再投資することが自分でできます。
再投資することが自分でできるので、再投資先を債券以外の資産にすることも可能です。


不動産(REIT)ETF

REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。
REITという金融商品は、Real Estate Investment Trustの略でREITといわれています。
保有不動産からの賃料収入やその売却益を投資家に分配するREIT(上場不動産投資信託)は比較的安定した利回りや相対的に高い分配収入が期待できるとされています。
様々な個別のREITが存在し、その個別銘柄の良し悪しの判断も容易ではありません。
REITを幅広く分散でき、少額から投資できるといった点でもETFを利用するのがおすすめです。
REIT ETFは、上場しているREITを対象とするREIT指数に連動するETFで、個別REITの選択の必要はありません。
REIT ETFを利用することで、容易にREIT投資のメリットを享受することができます。



ETFを利用するメリットとして他には、取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握でき点や、ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できるといった点もあります。
ETFという投資信託を利用し、お金を生み出す資産を長期的に保有することで、安定的に資産運用できるのではないでしょうか。



トップダウンアプローチとは 【資産運用方法】

トップダウンアプローチとは、、国別資産配分や、産業セクター配分を決め、その後組入銘柄を決定していく運用方法です。
マクロ分析の段階で、経済成長率、企業収益動向、インフレ・金利・為替などマクロ変数を予測し、国別のカントリー・アロケーション、株式・債券の比率などの投資の枠組みを決めます。
次に産業セクター分析に基づいてその配分ウエイトを決め、最後に有望な個別銘柄の選別という順番をとります。
投資信託のファンドマネージャーなどもこうした手法をとります。
経済の上流から下流に向けて考察を加えるためこのように呼ばれています。

一般的にトップダウンアプローチを行う場合は消費者物価指数、鉱工業生産指数、為替レート、各国の政策金利や長期金利といった経済環境全般からアセットアロケーション(資産配分)を行います。
例えば、アメリカの経済成長率が他の先進国と比較して相対的に高く、その原因がアメリカのIT・ハイテク分野にあるという予測が立てられた場合、アメリカのIT企業の株を購入するなどの戦略が挙げられます。
対義語は「ボトムアップアプローチ」になります。


ボトムアップアプローチ

ボトムアップアプローチとは、個別の企業の業績や動向などからその企業の将来性を判断して投資をする運用手法のことです。
例えば、ある会社があり、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、同業他社との利益水準の比較、その会社の技術などから、将来性を判断する手法のことです。

企業という下流から分析を加えいていく手法のため、ボトムアップと呼ばれています。



個人投資家は個々の企業分析をする時間と情報が限られているため、トップダウンアプローチの投資手法を選んだほうがよさそうです。
株式投資でいえば、株価が上がりそうな個々の企業を選ぶよりも、株価が上がりそうなセクターや国を選ぶ方が遥に効率的です。
視野を広げて分析することで、個別銘柄のちょっとした株価の値動きを気にすることなく投資ができるのではないでしょうか。


資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)

長期的な運用においては、短期的な市場の動向により資産構成割合を変更するよりも、基本となる資産構成割合を決めて、これを維持する方が効率的で良い結果をもたらすことが知られています。

私達日本国民の公的年金積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)では、各資産の期待収益率やリスクなどを考慮した慎重な検討を行った上で、基本となる資産構成割合(ポートフォリオ)を定めています。

GPIFポートフォリオ
国内債券 60%
国内株式 12%
外国債券 11%
外国株式 12%
短期資産  5%


年金積立金運用に対しては、法律上、「長期的な観点からの安全かつ効率的な運用」という基本的な考え方が要請されています。

このような年金制度からの要請に応える年金積立金運用のあり方ですが、まず、「長期的な観点からの安全かつ効率的な運用」という基本的な考え方については、安全性と効率性の両面を考慮することが求められます。
仮に、安全性のみを重視し、現金のまま保有するとすれば、名目額で積立額が減る心配はありませんが、長期的には、物価や賃金が上昇する分、実質的な価値が目減りしてしまうことは避けられないので、効率的な運用という要請に応えることにはなりません。

長期的に、実質的な価値を維持し、さらに実質的な価値を増大させていくためには、収益率の変動幅という意味での一定のリスクをとりつつ、リスクに見合った収益率が期待できる資産に投資を行っていくことが求められます。

この場合、「できる限り低いリスクで必要な収益を得る」ための最も基本的な考え方が、
特性の異なる複数の資産に分散して投資を行うという「分散投資」と、
長期的な観点から基本となる資産構成割合を決めて、これを維持していくという「基本ポートフォリオの策定・管理」
という2つです。


失敗しない資産運用と資産運用の失敗パターン

資産運用は、攻撃的から防衛的までさまざまです。
むしろ、お金の目的を達するために、どんなコントロールをするかという選択肢を用意できるので、戦略的という言葉がぴったりきます。
将来必要になるお金の金額や人生設計によってリスクをコントロールできるのが正しい資産運用のありかたです。

資産運用には、個人向け国債購入のように防衛的な運用から、投機に近い高リスクの運用まで、無数のバリエーションがあります。
投資も資産運用の一部ですが、投資は積極的に利益を追求する姿勢を感じさせます。
ある意味では攻撃的な運用スタイルです。


資産運用の失敗パターン

①上昇時、下落時に慌てて資産を購入または売却する。

②そもそも資産運用プランもなく始める。

③資産価格の値動きに一喜一憂し、気分、思いつき、思い込みで投資行動を行う。


上記の3つのように「一貫性が保てない」で資産運用に失敗するパターンが多いようです。

また、
「できるだけコストを安く!」「どうすれば、無駄なコスト掛けずに済むか!」
「どうすれば損しないか!」「どうすれば得するか!」


そんな得ばかりを追求した考えでお金が増えていくほど資産運用は甘くはありません。



失敗しない資産運用

資産運用は
「金融の正しい知識」
「自分の運用スタイル」
「投資先へのアプローチ」
「コスト」
「運用中の考え方」
「投資行動」など


すべてをバランスよく吸収し実行することで長期的な資産運用が可能になります。
時には、近道を探さず遠回りをすることで、大切なことに気づくこともあると思います。

資産を築く配当成長株
メニュー
カテゴリ
資産運用