1. Top
  2. » 資産運用方法

資産運用の知恵こそがお金を増やす

資産運用でお金を増やすために大切なことは、
金融商品や経済・金融の仕組みの知識を深めることです。


特に、株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられていいます。

資産運用

難しい理論を勉強する必要はないと思いますが、資産運用及び投資の知恵を学び知識を蓄えることによって、自らの力で投資してお金を増やす能力がつき、それは同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報やいろいろな投資・金融・経済の情報に触れ、できるだけ早く資産運用の知恵を身につけることが大切です。

資産運用でお金を増やす方法

資産運用の目的は、「資産の拡大」と「資産の保全」という大きな二つの目的があります。

資産の拡大
資産が生み出すお金や資産の値上がりで、資産価値を拡大する

資産の保全
資産の実質価値をインフレから守り、実質購買力を維持する


資産運用でお金を増やす方法の1つは、
本業からの収入の一部を 資産運用=投資 にまわし、資産からの収入を得るという方法があります。

資産運用に利用する金融資産は、株式、債券、不動産(REIT)が良いと思います。
株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられているからです。

資産からの収入は、最初は小さいかもしれませんが、本業からの収入の一部を「資産獲得」に、つまり金融資産などに投資し続けていくことで、資産から生み出されるお金が年々増えていくことにつながります。

お金を生み出す資産を少しずつ着実に増やしていくことが、お金がお金を生み、複利の力を利用することになり、お金を増やす方法の1つになるのではないでしょうか。


長期的に資産運用の成果を得るためには、国際分散投資で長期的に運用資産を保有することが効果的だと思われます。
リスクをコントロールしつつ、複利の効果を得ることが、運用成果を得る近道になるのではないでしょうか。

リスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターン・リスクのブレ)の低減という効果をもたらします。
投資の格言に「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉がありますが、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある資産に分散投資することでリスクを軽減しながら、なだらかに資産を増やしていくという訳です。


資産運用というと、いきなり個別銘柄の株式投資やFX(外国為替証拠金取引)に走ってしまう方が多くいますが、個別銘柄の株式投資やFXは資産を大きく増やす手段にはなり得ますが、大きく減らしてしまいかねないリスクもあります。
お金を増やしながら、同時に、大きく減らさない資産運用が大事になってきます。


お金を増やす資産運用にはファンドを利用する

資産運用といっても、銀行預金からFXや生命保険や海外投資、不動産投資まで、とても幅広いものがあります。

金融の自由化以降、新しい金融商品やサービスが、続々と登場しています。
個人投資家には選択肢が広がる半面、金融商品を細かく吟味するなど、今まで以上の努力が必要になりました。
さまざまな特徴の金融商品があり、リスクの低い商品もあれば高いものもあります。
自分のライフスタイルに合った金融商品を選ぶことは、生活を豊かにする上でも非常に重要になってくるでしょう。


これまで、定期性預貯金は、時間をかけて殖やす目的で利用されてきましたが、現在のような低金利では、お金を増やすための運用とはいいにくくなっています。
資産運用のポイントは、長期的に安定的に資産(お金)を増やしていくことです。
必要なときに必要な金額を引き出せるようにしておくことも大事です。


資産運用に利用する金融資産は株式、債券、不動産(REIT)が良いと思います。
株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられているからです。

資産運用でリスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターン・リスクのブレ)の低減という効果をもたらします。

そこで、世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。
投資信託(ファンド)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。

ファンドを利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・商品(原油や金属や農産物)など成長(値上がり)や配当、分配金など、お金を生み出す資産に分散投資することが少額からも可能です。


コストや統計学的に効率よく運用するには、「ETF(上場投資信託)」や「インデックスファンド」を利用するのが良いと思います。
そして、何かと使い勝手が良い「外貨MMF」「MRF」という投資信託を組み合わせてみるのも良いでしょう。


ETFは分散投資に便利でお得な資産運用のツール

分散投資に便利な資産運用ツール「ETF」

世界中の金融資産に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の「株式」「債券」「不動産(REIT)」「コモディティ(原油や金属や農産物)」など成長(値上がり)や配当、分配金がある資産に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも「ETF」という運用ツールがおすすめです。
ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の金融資産に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも日本国内の証券会社でETFを買付できます。


ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、債券指数、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。
また、ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいこともメリットとなります。

ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムで変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。


株式投資、FX投資に限らず、特定の金融商品に投資をするのも一つの投資方法ではありますが、金融市場は常に動いており、特定の商品、資産に集中投資をしているとリスクが分散できず、ときに大きな損失をこうむりかねません。
個人投資家が成熟してくると、いくつかの金融商品に同時に投資する分散投資の形になっていきます。
どこかで負けても他のいくつかで勝ち、トータルでプラスの投資リターンを狙い、そしてリスクを分散することを心がけます。

ETFを使えば、米国株も日本株もBRICs株もアセアン諸国の株式投資も外国債券投資も世界の不動産(REIT)投資にも・・・といった国際分散投資が比較的少額で実現します。
ETF各銘柄は、数千~数万円程度から投資できます。
特にETFの運用コストは通常の投資信託より低めで、売買コストは株式と同等です。


アセット・アロケーション(資産配分)の重要性

資産運用の基本は、アセットアロケーションだといわれています。
アセットアロケーションとは「資産配分」のことを意味します。
資産運用をする際の金融商品の組み合わせのことをポートフォリオといいますが、アセットアロケーションとはポートフォリオのような金融商品の組み合わせではなく、もっと大きな資産クラス(アセットクラス)での配分を指します。

資産クラス(アセットクラス)は「株式」「債券」「不動産」「コモデティ」「現金」などに分けられます。
これらの資産クラスに資産をどのように配分するかにより投資成果の約9割は決まってくると言われるほど重要です。


アセットアロケーションは分散投資の効果をもち、これは資産運用の上で非常に重要です。
特定のアセットクラスに資産を集中した場合、リスクは高まっていきます。
例えば、株式に資産を集中させた場合、例え全世界の銘柄に分散投資していたとしても、全く異なるアセットクラスに分散させた場合に比べて、関連性の高い動きをしてしまう可能性があります。
この関連性を「相関係数」というもので表しますが、相関係数がプラスになる組み合わせ(正の相関関係)は避け、異なる値動きをするマイナスの組み合わせ(負の相関関係)が、お互いのリスクを軽減させる効果があるとされています。

株式投資だけだとリスクが高いので、債券投資も行うなど、株式が上がれば債券は下がり、株式が下がれば債券は上がる、このような逆の動きをすることが負の相関関係となり、リスクコントロールができ、効率的な資産運用が可能となってくるのです。

ただし、アセットアロケーションは画一的なものではく、年齢や資産運用の目的、金額、自身のリスク許容度、ライフプランなどによって決めることです。
自分自身の価値観をはっきりさせておくことや、投資・金融商品の知識が必要不可欠になります。


トップダウンアプローチとは 【資産運用方法】

トップダウンアプローチとは、、国別資産配分や、産業セクター配分を決め、その後組入銘柄を決定していく運用方法です。
マクロ分析の段階で、経済成長率、企業収益動向、インフレ・金利・為替などマクロ変数を予測し、国別のカントリー・アロケーション、株式・債券の比率などの投資の枠組みを決めます。
次に産業セクター分析に基づいてその配分ウエイトを決め、最後に有望な個別銘柄の選別という順番をとります。
投資信託のファンドマネージャーなどもこうした手法をとります。
経済の上流から下流に向けて考察を加えるためこのように呼ばれています。

一般的にトップダウンアプローチを行う場合は消費者物価指数、鉱工業生産指数、為替レート、各国の政策金利や長期金利といった経済環境全般からアセットアロケーション(資産配分)を行います。
例えば、アメリカの経済成長率が他の先進国と比較して相対的に高く、その原因がアメリカのIT・ハイテク分野にあるという予測が立てられた場合、アメリカのIT企業の株を購入するなどの戦略が挙げられます。
対義語は「ボトムアップアプローチ」になります。


ボトムアップアプローチ

ボトムアップアプローチとは、個別の企業の業績や動向などからその企業の将来性を判断して投資をする運用手法のことです。
例えば、ある会社があり、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、同業他社との利益水準の比較、その会社の技術などから、将来性を判断する手法のことです。

企業という下流から分析を加えいていく手法のため、ボトムアップと呼ばれています。



個人投資家は個々の企業分析をする時間と情報が限られているため、トップダウンアプローチの投資手法を選んだほうがよさそうです。
株式投資でいえば、株価が上がりそうな個々の企業を選ぶよりも、株価が上がりそうなセクターや国を選ぶ方が遥に効率的です。
視野を広げて分析することで、個別銘柄のちょっとした株価の値動きを気にすることなく投資ができるのではないでしょうか。


海外ETFを利用した外国債券投資

資産運用というと「株式投資」と思う方が少なくありません。
しかしながら、「収入源を増やすこと」「キャッシュフローを増大させること」を目的にするならば「債券投資」や「不動産投資」に重点を置いたほうがいいかもしれません。

ちなみに債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、長期的に安定的な資産運用を目指すことができ、お金を増やす方法の1つとして有力な投資先になるのではないでしょうか。

債券海外ETFは米国債や公社債、投資適格グローバル企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどが購入することが可能です。
海外ETFを利用して、グローバルに銘柄分散された外国債券ポートフォリオを構築した場合、外貨ベースではありますが、安定した利息収入を定期的に得ることが期待できます。


海外ETFとは、海外(ニューヨーク証券取引所など)に上場された投資信託のことで、株式のように証券取引所が開いていればいつでも売買可能な金融商品です。
もちろん国内の証券会社を通じて売買することが可能な金融商品です。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数十~数百銘柄に分散投資)を継続しているので、個人投資家は、ETFを保有しているだけで自動的に債券が買い換えられていくので手間がかからず使い勝手がいいです。
また、グローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは、少額から購入することが可能です。

海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資・購入するよりも信用リスク、デュレーションリスク(平均回収期間のリスク)が軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいと思います。

債券投資の魅力【利子収入お金を増やす】

債券投資

債券投資は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる投資商品です。
株式やREITなどの金融資産を保有している場合、運用資金の一定割合を、債券投資に振り向けることで、値動きの異なる資産を保有することになるので価格変動リスクの分散もはかれます。

海外に目を向けると日本より金利の高い国や企業がほとんどです。
外国債券投資することで、外国債券のクーポンは外貨ベースで安定したリターンが見込めます。

債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、債券投資は利息収入(金利)を得られるので、外国債券投資は安定的な資産運用を目指すことができるのではないでしょうか。


債券投資の魅力については、主に以下の3つです。


定期的に利子がもらえる

債券は、満期日まで一定の金利分の利子を支払うことが約束されています。
例えば固定利付債の場合、金利変動に関係なく利子を受け取ることができます。

利子収入のほかに、償還差益や売却益が得られる場合もあります。


満期が決まっている

債券は、満期日までの間に債券の価格が変動しても、満期日を迎えると額面金額が償還されることが約束されています。
ただし、発行者が倒産などで元本の返済及び利払いができなくなる場合もあります。
発行者がきちんと利払いや元本の返済ができるかどうかという信用度を知るには、その債券の格付けが参考になります。
一般に信用度の低いものほど金利は高くなり、信用度が高くなるにつれて、金利は低くなります。


途中でも売却できる

債券は、満期まで待たずに途中で売ることもできるので、急にお金が必要になったときには現金化することも可能です。
ただし、その時の価格は額面通りとは限りません。債券価格が下落していて売却損が出る場合がありますので、あらかじめ注意が必要です。

資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)

長期的な運用においては、短期的な市場の動向により資産構成割合を変更するよりも、基本となる資産構成割合を決めて、これを維持する方が効率的で良い結果をもたらすことが知られています。

私達日本国民の公的年金積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)では、各資産の期待収益率やリスクなどを考慮した慎重な検討を行った上で、基本となる資産構成割合(ポートフォリオ)を定めています。

GPIFポートフォリオ
国内債券 60%
国内株式 12%
外国債券 11%
外国株式 12%
短期資産  5%


年金積立金運用に対しては、法律上、「長期的な観点からの安全かつ効率的な運用」という基本的な考え方が要請されています。

このような年金制度からの要請に応える年金積立金運用のあり方ですが、まず、「長期的な観点からの安全かつ効率的な運用」という基本的な考え方については、安全性と効率性の両面を考慮することが求められます。
仮に、安全性のみを重視し、現金のまま保有するとすれば、名目額で積立額が減る心配はありませんが、長期的には、物価や賃金が上昇する分、実質的な価値が目減りしてしまうことは避けられないので、効率的な運用という要請に応えることにはなりません。

長期的に、実質的な価値を維持し、さらに実質的な価値を増大させていくためには、収益率の変動幅という意味での一定のリスクをとりつつ、リスクに見合った収益率が期待できる資産に投資を行っていくことが求められます。

この場合、「できる限り低いリスクで必要な収益を得る」ための最も基本的な考え方が、
特性の異なる複数の資産に分散して投資を行うという「分散投資」と、
長期的な観点から基本となる資産構成割合を決めて、これを維持していくという「基本ポートフォリオの策定・管理」
という2つです。


資産を築く配当成長株
メニュー
カテゴリ
資産運用