1. Top
  2. » 株式投資


ETFで株式・債券・REITに幅広く分散投資が可能

株式ETF

ニューヨークダウやS&P500、TOPIX、日経平均、ブラジル株式、中国株式など世界中の株式指数に連動したETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。
こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。


債券海外ETF

優良企業の社債に幅広く分散投資することが可能であったり、米国債や公社債、投資適格米国企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどに投資することが可能です。
債券海外ETFは、償還期間が異なる債券を数百銘柄保有しているのでデュレーションリスクも低減できる可能性があります。
また、債券海外ETFの場合、定期的に利子(クーポン)が自分の口座に入金されます。
その利子を再投資することが自分でできます。
再投資することが自分でできるので、再投資先を債券以外の資産にすることも可能です。


不動産(REIT)ETF

REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。
REITという金融商品は、Real Estate Investment Trustの略でREITといわれています。
保有不動産からの賃料収入やその売却益を投資家に分配するREIT(上場不動産投資信託)は比較的安定した利回りや相対的に高い分配収入が期待できるとされています。
様々な個別のREITが存在し、その個別銘柄の良し悪しの判断も容易ではありません。
REITを幅広く分散でき、少額から投資できるといった点でもETFを利用するのがおすすめです。
REIT ETFは、上場しているREITを対象とするREIT指数に連動するETFで、個別REITの選択の必要はありません。
REIT ETFを利用することで、容易にREIT投資のメリットを享受することができます。



ETFを利用するメリットとして他には、取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握でき点や、ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できるといった点もあります。
ETFという投資信託を利用し、お金を生み出す資産を長期的に保有することで、安定的に資産運用できるのではないでしょうか。







アセット・アロケーション(資産配分)の重要性

資産運用の基本は、アセットアロケーションだといわれています。
アセットアロケーションとは「資産配分」のことを意味します。
資産運用をする際の金融商品の組み合わせのことをポートフォリオといいますが、アセットアロケーションとはポートフォリオのような金融商品の組み合わせではなく、もっと大きな資産クラス(アセットクラス)での配分を指します。

資産クラス(アセットクラス)は「株式」「債券」「不動産」「コモデティ」「現金」などに分けられます。
これらの資産クラスに資産をどのように配分するかにより投資成果の約9割は決まってくると言われるほど重要です。


アセットアロケーションは分散投資の効果をもち、これは資産運用の上で非常に重要です。
特定のアセットクラスに資産を集中した場合、リスクは高まっていきます。
例えば、株式に資産を集中させた場合、例え全世界の銘柄に分散投資していたとしても、全く異なるアセットクラスに分散させた場合に比べて、関連性の高い動きをしてしまう可能性があります。
この関連性を「相関係数」というもので表しますが、相関係数がプラスになる組み合わせ(正の相関関係)は避け、異なる値動きをするマイナスの組み合わせ(負の相関関係)が、お互いのリスクを軽減させる効果があるとされています。

株式投資だけだとリスクが高いので、債券投資も行うなど、株式が上がれば債券は下がり、株式が下がれば債券は上がる、このような逆の動きをすることが負の相関関係となり、リスクコントロールができ、効率的な資産運用が可能となってくるのです。

ただし、アセットアロケーションは画一的なものではく、年齢や資産運用の目的、金額、自身のリスク許容度、ライフプランなどによって決めることです。
自分自身の価値観をはっきりさせておくことや、投資・金融商品の知識が必要不可欠になります。








資産を築く配当成長株
スポンサードリンク
メニュー
金融グローバル化で資金が国境を越えて動く
資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)
失敗しない資産運用と資産運用の失敗パターン
カテゴリ
スポンサー
資産運用