1. Top
  2. » 分散投資

ETFは分散投資に便利でお得な資産運用のツール

分散投資に便利な資産運用ツール「ETF」

世界中の金融資産に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の「株式」「債券」「不動産(REIT)」「コモディティ(原油や金属や農産物)」など成長(値上がり)や配当、分配金がある資産に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも「ETF」という運用ツールがおすすめです。
ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の金融資産に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも日本国内の証券会社でETFを買付できます。


ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、債券指数、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。
また、ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいこともメリットとなります。

ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムで変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。


株式投資、FX投資に限らず、特定の金融商品に投資をするのも一つの投資方法ではありますが、金融市場は常に動いており、特定の商品、資産に集中投資をしているとリスクが分散できず、ときに大きな損失をこうむりかねません。
個人投資家が成熟してくると、いくつかの金融商品に同時に投資する分散投資の形になっていきます。
どこかで負けても他のいくつかで勝ち、トータルでプラスの投資リターンを狙い、そしてリスクを分散することを心がけます。

ETFを使えば、米国株も日本株もBRICs株もアセアン諸国の株式投資も外国債券投資も世界の不動産(REIT)投資にも・・・といった国際分散投資が比較的少額で実現します。
ETF各銘柄は、数千~数万円程度から投資できます。
特にETFの運用コストは通常の投資信託より低めで、売買コストは株式と同等です。


資産を築く配当成長株
メニュー
カテゴリ
資産運用