1. Top
  2. » 公社債投資信託


公社債投資信託 MRF・MMF・外貨MMF

公社債投資信託とは、投資信託の種類の一つです。公社債投資信託に分類されているファンドは投資できる対象が、債券など比較的安全性の高いものであることが多いです。
公社債投資と略されることもあります。
原則として元本割れを引き起こさない運用を行います。

公社債投資信託とは
公社債投資信託とは、税法上「公社債投資信託」に分類される投資信託の総称を指します。公社債投信は「証券投資信託のうち、その信託財産を公社債に対する投資として運用することを目的とするもので、株式又は出資に対する投資として運用しないものをいう」と規定されており、その所得(配当・分配金)は利子所得として扱われます。

公社債投資信託の代表的なものとしては「MRF」と「MMF」があります。
特に証券会社に口座を開設して、資金を預けると自動的にMRFに投資をした扱いになるところも多いです。
証券会社においてMRFは「普通預金」、MMFは「定期預金」といった感覚に近い商品性となっています。


MRF(マネーリザーブドファンド)
MRF(マネーリザーブドファンド)とは、公社債投資信託の一種で、超短期の債券で運用されている投資信託です。
証券会社において「普通預金」と同じような扱い方をされう商品です。
ただし、投資信託である以上は元本割れのリスクはあるもの、過去MRFが元本割れを起こしたことはありません。


MMF(マネーマネジメントファンド)
MMF(マネーマネジメントファンド)とは、中期国債ファンドに変わって、証券会社が主力として販売している公社債投信一つ。
MRFと比べてやや長期の債券を売買する投資信託ですが、基本的にはかなり短期の債券(社債やCP)で運用されるので元本割れのリスクは極めて低い投資信託です。
購入から30日以内の解約はペナルティとして信託財産留保額が必要になりますが、それ以後は無条件で引き出すことができます。


外貨MMF(マネーマーケットファンド)
外貨MMFとは、海外における格付けの高い比較的短期の債券を中心に運用される投資信託で「公社債投資信託」に分類されます。
日本円のMMF(マネーマネジメントファンド)と名前は似ていますが、外貨MMFは「マネーマーケットファンド」の略です。
外国籍の投資信託となり、外貨建てで運用されます。







資産を築く配当成長株
スポンサードリンク
メニュー
金融グローバル化で資金が国境を越えて動く
資産運用方法 ポートフォリオ運用(GPIFの場合)
失敗しない資産運用と資産運用の失敗パターン
カテゴリ
スポンサー
資産運用