1. Top

資産運用の知恵こそがお金を増やす

資産運用でお金を増やすために大切なことは、
金融商品や経済・金融の仕組みの知識を深めることです。


特に、株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられていいます。

資産運用

難しい理論を勉強する必要はないと思いますが、資産運用及び投資の知恵を学び知識を蓄えることによって、自らの力で投資してお金を増やす能力がつき、それは同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報やいろいろな投資・金融・経済の情報に触れ、できるだけ早く資産運用の知恵を身につけることが大切です。

資産運用でお金を増やす方法

資産運用の目的は、「資産の拡大」と「資産の保全」という大きな二つの目的があります。

資産の拡大
資産が生み出すお金や資産の値上がりで、資産価値を拡大する

資産の保全
資産の実質価値をインフレから守り、実質購買力を維持する


資産運用でお金を増やす方法の1つは、
本業からの収入の一部を 資産運用=投資 にまわし、資産からの収入を得るという方法があります。

資産運用に利用する金融資産は、株式、債券、不動産(REIT)が良いと思います。
株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられているからです。

資産からの収入は、最初は小さいかもしれませんが、本業からの収入の一部を「資産獲得」に、つまり金融資産などに投資し続けていくことで、資産から生み出されるお金が年々増えていくことにつながります。

お金を生み出す資産を少しずつ着実に増やしていくことが、お金がお金を生み、複利の力を利用することになり、お金を増やす方法の1つになるのではないでしょうか。


長期的に資産運用の成果を得るためには、国際分散投資で長期的に運用資産を保有することが効果的だと思われます。
リスクをコントロールしつつ、複利の効果を得ることが、運用成果を得る近道になるのではないでしょうか。

リスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターン・リスクのブレ)の低減という効果をもたらします。
投資の格言に「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉がありますが、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある資産に分散投資することでリスクを軽減しながら、なだらかに資産を増やしていくという訳です。


資産運用というと、いきなり個別銘柄の株式投資やFX(外国為替証拠金取引)に走ってしまう方が多くいますが、個別銘柄の株式投資やFXは資産を大きく増やす手段にはなり得ますが、大きく減らしてしまいかねないリスクもあります。
お金を増やしながら、同時に、大きく減らさない資産運用が大事になってきます。


お金を増やす資産運用にはファンドを利用する

資産運用といっても、銀行預金からFXや生命保険や海外投資、不動産投資まで、とても幅広いものがあります。

金融の自由化以降、新しい金融商品やサービスが、続々と登場しています。
個人投資家には選択肢が広がる半面、金融商品を細かく吟味するなど、今まで以上の努力が必要になりました。
さまざまな特徴の金融商品があり、リスクの低い商品もあれば高いものもあります。
自分のライフスタイルに合った金融商品を選ぶことは、生活を豊かにする上でも非常に重要になってくるでしょう。


これまで、定期性預貯金は、時間をかけて殖やす目的で利用されてきましたが、現在のような低金利では、お金を増やすための運用とはいいにくくなっています。
資産運用のポイントは、長期的に安定的に資産(お金)を増やしていくことです。
必要なときに必要な金額を引き出せるようにしておくことも大事です。


資産運用に利用する金融資産は株式、債券、不動産(REIT)が良いと思います。
株式、債券、不動産は資本主義の土台になる資産で、株式市場は長期的に成長し続け、債券市場・不動産市場は、長期的にお金を生み出す資産として考えられているからです。

資産運用でリスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターン・リスクのブレ)の低減という効果をもたらします。

そこで、世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。
投資信託(ファンド)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。

ファンドを利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・商品(原油や金属や農産物)など成長(値上がり)や配当、分配金など、お金を生み出す資産に分散投資することが少額からも可能です。


コストや統計学的に効率よく運用するには、「ETF(上場投資信託)」や「インデックスファンド」を利用するのが良いと思います。
そして、何かと使い勝手が良い「外貨MMF」「MRF」という投資信託を組み合わせてみるのも良いでしょう。


ETFは分散投資に便利でお得な資産運用のツール

分散投資に便利な資産運用ツール「ETF」

世界中の金融資産に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の「株式」「債券」「不動産(REIT)」「コモディティ(原油や金属や農産物)」など成長(値上がり)や配当、分配金がある資産に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも「ETF」という運用ツールがおすすめです。
ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の金融資産に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも日本国内の証券会社でETFを買付できます。


ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、債券指数、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。
また、ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいこともメリットとなります。

ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムで変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。


株式投資、FX投資に限らず、特定の金融商品に投資をするのも一つの投資方法ではありますが、金融市場は常に動いており、特定の商品、資産に集中投資をしているとリスクが分散できず、ときに大きな損失をこうむりかねません。
個人投資家が成熟してくると、いくつかの金融商品に同時に投資する分散投資の形になっていきます。
どこかで負けても他のいくつかで勝ち、トータルでプラスの投資リターンを狙い、そしてリスクを分散することを心がけます。

ETFを使えば、米国株も日本株もBRICs株もアセアン諸国の株式投資も外国債券投資も世界の不動産(REIT)投資にも・・・といった国際分散投資が比較的少額で実現します。
ETF各銘柄は、数千~数万円程度から投資できます。
特にETFの運用コストは通常の投資信託より低めで、売買コストは株式と同等です。


ETFで株式・債券・REITに幅広く分散投資が可能

株式ETF

ニューヨークダウやS&P500、TOPIX、日経平均、ブラジル株式、中国株式など世界中の株式指数に連動したETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。
こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。


債券海外ETF

優良企業の社債に幅広く分散投資することが可能であったり、米国債や公社債、投資適格米国企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどに投資することが可能です。
債券海外ETFは、償還期間が異なる債券を数百銘柄保有しているのでデュレーションリスクも低減できる可能性があります。
また、債券海外ETFの場合、定期的に利子(クーポン)が自分の口座に入金されます。
その利子を再投資することが自分でできます。
再投資することが自分でできるので、再投資先を債券以外の資産にすることも可能です。


不動産(REIT)ETF

REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。
REITという金融商品は、Real Estate Investment Trustの略でREITといわれています。
保有不動産からの賃料収入やその売却益を投資家に分配するREIT(上場不動産投資信託)は比較的安定した利回りや相対的に高い分配収入が期待できるとされています。
様々な個別のREITが存在し、その個別銘柄の良し悪しの判断も容易ではありません。
REITを幅広く分散でき、少額から投資できるといった点でもETFを利用するのがおすすめです。
REIT ETFは、上場しているREITを対象とするREIT指数に連動するETFで、個別REITの選択の必要はありません。
REIT ETFを利用することで、容易にREIT投資のメリットを享受することができます。



ETFを利用するメリットとして他には、取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握でき点や、ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できるといった点もあります。
ETFという投資信託を利用し、お金を生み出す資産を長期的に保有することで、安定的に資産運用できるのではないでしょうか。



アセット・アロケーション(資産配分)の重要性

資産運用の基本は、アセットアロケーションだといわれています。
アセットアロケーションとは「資産配分」のことを意味します。
資産運用をする際の金融商品の組み合わせのことをポートフォリオといいますが、アセットアロケーションとはポートフォリオのような金融商品の組み合わせではなく、もっと大きな資産クラス(アセットクラス)での配分を指します。

資産クラス(アセットクラス)は「株式」「債券」「不動産」「コモデティ」「現金」などに分けられます。
これらの資産クラスに資産をどのように配分するかにより投資成果の約9割は決まってくると言われるほど重要です。


アセットアロケーションは分散投資の効果をもち、これは資産運用の上で非常に重要です。
特定のアセットクラスに資産を集中した場合、リスクは高まっていきます。
例えば、株式に資産を集中させた場合、例え全世界の銘柄に分散投資していたとしても、全く異なるアセットクラスに分散させた場合に比べて、関連性の高い動きをしてしまう可能性があります。
この関連性を「相関係数」というもので表しますが、相関係数がプラスになる組み合わせ(正の相関関係)は避け、異なる値動きをするマイナスの組み合わせ(負の相関関係)が、お互いのリスクを軽減させる効果があるとされています。

株式投資だけだとリスクが高いので、債券投資も行うなど、株式が上がれば債券は下がり、株式が下がれば債券は上がる、このような逆の動きをすることが負の相関関係となり、リスクコントロールができ、効率的な資産運用が可能となってくるのです。

ただし、アセットアロケーションは画一的なものではく、年齢や資産運用の目的、金額、自身のリスク許容度、ライフプランなどによって決めることです。
自分自身の価値観をはっきりさせておくことや、投資・金融商品の知識が必要不可欠になります。


投資の収益はキャピタルゲインとインカムゲイン

株式投資の収益といえば、株価の値上がりによって得る収益であるキャピタルゲインと配当金により得る収益のインカムゲインがあります。

キャピタルゲイン(capital gain)

キャピタルゲインは、保有している資産の価格が変動することにより得られる収益のことです。
購入したときの価格よりも売却したときの価格が高ければ、その売却により得られる収益がキャピタルゲインとなります。
反対に、購入した資産が購入時の価格より値下がりし売却したことにより損失が生じた場合は、キャピタルロスと呼ばれます。


インカムゲイン(income gain)

インカムゲインは資産を保有しているだけで得られる収益のことです。
株式であれば配当金、債券であれば、利子、不動産であれば家賃収入、REITであれば分配金による収益を指します。
一般的には、安定的に受け取ることができる収益といわれます。


トータルリターン(total return)

「キャピタルゲイン(又はキャピタルロス)」+「インカムゲイン」 を「トータルリターン」といいます。キャピタルゲインだけではなく、インカムゲインも含めた総合収益で投資収益を考えていくことが重要です。

株式投資は「ETF」を利用したインデックス投資

» 続きを読む

外国株式投資の魅力

外国株には、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数あり、そのようなグローバル企業は、世界でビジネスを展開していますから、世界各国での収益を期待できます。
世界的な優良企業の外国株を購入するということは、世界的な優良企業の株主になるということなので、安定した配当も期待できるといったメリットもありますし、何より潰れるリスク、つまり信用リスクも低くなるということです。
世界中の優良企業の外国株を購入してみてはいかがでしょう。

世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、新興諸国の市場の拡大によって、さらに恩恵を受けることも期待できそうです。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。
このように世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。
株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。

外国株式の購入方法

外国株式の購入、つまり世界有数のグローバル企業群の株式はどのように購入すれば良いかというと
楽天証券などのネット証券に口座を開き、オンライントレード(ネット取引)を利用して、外国株を購入する方法があります。
日本にいながら世界の様々な国、地域の外国株式の個別銘柄を手軽に購入できる方法です。

まず楽天証券などのネット証券に口座を開設し、投資資金を入金、そして日本円を米ドルに換えれば外国株の購入準備が整います。
あとは、個別の銘柄を選んで購入を確定するだけです。
すべてネット上で購入することが可能です。

外国株を購入すれば、世界中のトップ企業への株式投資が可能になります。
アップル マイクロソフト IBM グーグル ジョンソン・エンド・ジョンソン エクソン・モービル シェブロン プロクター・アンド・ギャンブル ファイザー ゼネラル・エレクトリック コカコーラ マクドナルドといった米国株やBHPビリトンやリオ・ティント、BP、ロイヤル・ダッチ・シェル、ヴァーレなどヨーロッパやオーストラリア、ブラジル、南アフリカなどの資源株 スイスやイギリスの医薬品メーカーのノバルティス グラクソ・スミスクライン アストラゼネカ フィンランドのノキア そしてペトロ・チャイナなどの中国株 韓国株 台湾株 香港株 インド株 ロシア株 ブラジル株なども、楽天証券でADRという形で購入することが可能です。

ADRとは、「American Depository Receipt」の略で、日本語では「米国預託証券(米国預託証書)」と呼ばれます。
ニューヨーク証券取引所などに上場されている、米国外の企業が米国で発行する預託証券のことです。
米国企業の株式と同様に売買・決済・保管され、また株式と同じ権利があるため、値上がり益や配当も同様に享受することができるものです。


資産を築く配当成長株
メニュー
カテゴリ
資産運用